白髪染めの悩み

ちらほら白髪にカラートリートメントがおすすめな理由7つ

スポンサーリンク

ちらほら白髪には、カラートリートメントを使用することがおすすめです。

 

ちらほら白髪は、黒髪よりも白髪が少ない状態であり、他の白髪を染める方法ではデメリットがあるからです。

 

がっつり白髪染めのヘアカラーを使って髪を傷めてしまう、白髪を染めるためにコストがかかってしまうなど、さまざなデメリットがあるのです。

 

そこで、この記事では、ちらほら白髪にカラートリートメントがおすすめな理由をご紹介します。

髪色が暗くなりすぎない

 

白髪染めのヘアカラーは、白髪を黒く染めるために、黒色が髪の内部に浸透するようになっています。

 

しっかり白髪を染めたい場合、暗めの白髪染めヘアカラーが選ぶと良いとされています。しかし、白髪を染めるために、自分の理想の髪色ではなく、髪色が暗めになってしまうのは残念です。

 

ちらほら白髪は、髪の数%~数十%が白髪なわけですから、他の髪色に影響ができるのは、もったいないですよね。

 

一方、カラートリートメントは、一度で白髪を染めていくのではなく、髪色が暗くなりすぎる心配はありません。

 

自分の好みの明るさで、白髪を染めていけます

 

コスパが良い

 

美容院で白髪染めを行なった場合、2,000円~8,000円くらいかかるでしょう。

 

髪の毛は、1か月で1㎝ほど伸びると言われています。

 

1か月ごとに、ちらほら白髪を染めるために、美容院に通ったらリタッチをしたとしても、とても高く費用がかかります。

 

市販の白髪染めを使えば、安く白髪を染めることもできます。

 

しかし、市販の白髪染めは、頭皮や髪に刺激が強く、毎月のように利用し続けるとリスクがあります。

 

一方、カラートリートメントは、数百円~4,500円ほどです。1本で数か月は使用できるので、コスパが良いといえます。

ヘアーカラートリートメント
白髪用ヘアカラートリートメントの比較!値段と成分と使用方法と香り

白髪用のヘアカラートリートメントは、沢山の種類があり、どれを選んで良いか迷いますよね。   そこで、白髪用カラートリートメントを比較してご紹介します。   白髪用カラートリートメン ...

続きを見る

 

自然に染まる

 

美容院や、市販のヘアカラーで白髪染めをすると、周りの人からも、白髪を染めたことがすぐに分かるでしょう。

 

綺麗に染まれば良いのですが、不自然な色合いに染まった場合、恥ずかしい思いをします。

 

一方、カラートリートメントは、徐々に染まっていくので、周りに気づかれることが少ないです。

 

色合いも自然なので、不自然さをカバーできます。ちらほら白髪の方にとっては、自然に染まるのは嬉しいですよね。

 

髪が傷まない

 

白髪染めのヘアカラーには、強い成分が配合されています。

 

一度、白髪染めをしたら、髪がゴワゴワになったという話もききます。

 

そんな強い、白髪染めを日常的に使用していけば、髪の傷みや薄毛にもつながります。

 

一方、カラートリートメントは、その名の通りトリートメント成分が入っているので、髪を優しく守りながら、白髪を染めていくので、髪が傷みません

 

まだ、ちらほらしかない白髪のために、髪全体を傷めるのって、もったいないですよね。

 

髪が乾燥しない

 

白髪染めをすると、髪が乾燥するという話は、よく聞きます。

 

白髪を隠すために、白髪染めをしているのに、白髪染めをして髪がパサパサになって老けて見えてしまっては、本末転倒です。

 

一方、カラートリートメントは、トリートメント成分で髪を守っているので、髪の乾燥も防げます。ちらほら白髪だけでなく、黒髪にも潤いを与えることができます。

 

頭皮に優しい

 

白髪染めには、ジアミンが配合されているものが多く、頭皮へのダーメージも懸念されます。刺激によって、頭皮が荒れてしまうこともあります。

 

長期間、利用するものなので、頭皮にも優しいカラートリートメントがおすすめです。

 

失敗が少ない

 

白髪染めヘアカラーは、色選びを間違えると、失敗につながります。

 

一度、暗く染めた髪は、すぐに明るく戻すことは、難しくなります

 

一方、カラートリートメントは、徐々に染まっていくため、途中で髪色が合わないと思えば、色を変更したり、中止することもできます。

 

カラートリートメントは、失敗の少ない白髪の染め方で、ちらほら白髪におすすめです。

 

ジアミンアレルギーを防げる

 

白髪染めヘアカラーには、多くがジアミンを配合しています。

 

ジアミンアレルギーを発症すると、かぶれや発疹、顔の腫れなどが起こり、さらに重篤な症状もあります。

 

一度、発症すると、ジアミン配合のヘアカラーはできなくなります。

 

一方、カラートリートメントでジアミンフリーのものであれば、安心して使用できます。

 

日常的に、長期間を使用するものは、体に優しい商品を選ぶことをおすすめします。

 

ちらほら白髪の年代を乗り越えるには、上手にカラートリートメントを活用するのが良いでしょう。

 

カラートリートメントで上手に染める方法

 

カラートリートメントは、ちらほら白髪の人にとって、さまざまなメリットがあることが分かります。

 

しかし、カラートリートメントは「なかなか染まらない」といったイメージを持つ方も多いでしょう。

 

カラートリートメントで上手に染める方法をご紹介します。

 

コームを使う

カラートリートメントを、髪を塗るときに、コームを使って髪にのばすと、ムラなく塗ることができます。

 

ヘアカラーをするときのように、髪をブロッキングしながら、塗っていくと良いでしょう。

 

放置時間を長めにする

白髪の染まり具合は、髪質などによって個人差があります。カラートリートメント商品の奨励放置時間を確認して、放置時間を長くしてみましょう。

 

乾いた髪に塗る

カラートリートメントは、商品によって、乾いた髪に塗れるものと、塗れた髪に塗ることを奨励しているものがあります。

 

一般的には、乾いた髪に塗った方が染まりやすいと言われています。塗れた髪を推奨している商品でも、メーカーに乾いた髪にも使用できるか確認してみると良いでしょう。

 

完全に白髪を隠すには

 

白髪を完全に隠したい!と思う方もいるでしょう。

 

特にちらほら白髪は、ポツポツを現れるので、とても目立ちます。

 

カラートリートメントだけでは、なかなか完全には隠せない場合もあるでしょう。

 

ヘアマスカラを併用する

白髪用のヘアマスカラを併用することをおすすめします。

 

徐々に染まっていくヘアマスカラや、スティックタイプのヘアマニキュアも販売しているので上手に活用してみましょう。

 

前髪や、おでこの生え際、もみあげなど、顔周りは特に、ちらほら白髪が多く出現する場所です。ヘアマスカラやスティックタイプのヘアマニキュアを利用して、ちらほら白髪を完全に隠していきましょう。





 

美容室へ行く

 

美容師さんは、髪の専門家なので、たまには美容室でヘアカラーをするのも良いでしょう。

 

ちらほら白髪を上手に隠すカラーリングも提案してくれます。

 

まとめ

 

ちらほら白髪は、「まだ髪全体を白髪染めしたくはないけど、白髪が気になる!」という状態だと思います。

 

美容も大切ですが、健康が第一です。

 

体に優しいカラートリートメントを使用することをおすすめします。

ヘアカラートリートメント
白髪用ヘアカラートリートメントのおすすめランキング

ジアミンフリーの頭皮と髪に優しい、ヘアカラートリートメントのおすすめランキングをご紹介します。 ヘアカラートリートメントのランキングのポイント ・染まりやすさ ・価格 ・乾いた髪にも使える ・香り ・ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-白髪染めの悩み
-,

Copyright© 美容ココロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.