お歯黒式ヘアカラー 白髪

ノンジアミンの白髪染めマロンとは?お歯黒式ヘアカラーの仕組み

スポンサーリンク

白髪染めのヘアカラーは、ジアミンを使用しています。

 

ジアミンの刺激によって、かぶれやかゆみがおきて、ジアミンアレルギーになる場合もあります。

 

そんな方には、ジアミンを含まないノンジアミンの「マロン」がおすすめです。

 

ノンジアミンのマロンについてご紹介します。

 

ノンジアミンの白髪染め「マロン」

 

ノンジアミンの白髪染めは、ヘンケルジャパン株式会社が販売している「マロンマインドカラーです。





色は、「自然な黒褐色」、「ソフトな黒褐色」、「明るいブラウン」があります。

 

ジアミン系染料を使用していない非酸化染毛剤です。

 

ジアミン系染料による、かぶれで悩んでいる方におすすめしている商品です。

 

天然植物性染料(ポリフェノール類等)と鉄塩化学反応で生まれる化合物によって染毛します。

 

お歯黒式ヘアカラーとは?

 

黒豆や、ナスのぬか漬けを作る時に、色ツヤをよくするため釘を入れることがあります。

 

黒豆やナスにふくまれるポリフェノールと、鉄塩の反応を利用したものです。

 

この原理と類した染め方が、お歯黒式ヘアカラーです。

 

染まっていく順番を説明します。

 

1剤を塗って、キューティクルを膨潤させます。

ポリフェノール(タンニン等)が髪の内部に入っていきます

2剤を塗ると、ポリフェノールと鉄塩が反応して、黒くなります

キューティクルが収縮して色素が沈着します。

 

お歯黒とは、歯を黒く染める化粧法で、日本でも古来から行なわれていた風習です。

 

お歯黒に使用されていた染料は、鉄漿水(かねみず)と言われ、酢酸に鉄を溶かしたものです。

 

鉄漿水(かねみず)を歯に塗った後に、五倍子粉(ふしこ)と呼ばれる、タンニンを多く含む粉を上塗りします。

 

これを交互に繰り返し、酢酸第二鉄がタンニン酸と結合し、非水溶性になると共に黒変する仕組みです。

 

お歯黒と同じ仕組みを利用しているので、お歯黒式ヘアカラーと言われています。

 

マロンマインドカラーのメリットとデメリット

 

メリット

・酸化染毛剤にかぶれやすい人でも使える

・色持ちは1か月で長い

 

デメリット

・1剤と2剤を分けて2度塗る必要がある

・鉄の匂いがする

 

まとめ

 

ノンジアミンの白髪染めを探している方には、「マロンマインドカラー」は、ぴったりの商品です。

 

しかし、薬剤を塗る手間や、匂いが気になる方は、ヘアカラートリートメントがおすすめです。

 

ヘアカラートリートメントの比較一覧はこちらです。

ヘアーカラートリートメント
白髪用ヘアカラートリートメントの比較!値段と成分と使用方法と香り

白髪用のヘアカラートリートメントは、沢山の種類があり、どれを選んで良いか迷いますよね。   そこで、白髪用カラートリートメントを比較してご紹介します。   白髪用カラートリートメン ...

続きを見る

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-お歯黒式ヘアカラー, 白髪
-, , ,

Copyright© 美容ココロ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.